medical

大動脈解離による心タンポナーデ ― CT ―

大動脈解離による心タンポナーデ ― CT ―

大動脈解離とは、心臓から出る大血管の壁に亀裂ができて血管壁の中に血流が入り込み、血液の通り道が別にできたり血液の溜まる場所ができる病気です。

突然の激痛で発症し、胸や背中に痛みを感じることが多く、痛みが移動することもあります。

心筋炎のMRI

心筋炎のMRI

コロナワクチンで心筋炎が増えているということで、久しぶりに画像診断の記事を書きたいと思います。

心臓MRIでは、左心室や右心室の形態、機能評価、血流評価、心筋組織性状の評価を行うことができ、虚血性心疾患の虚血の判定や心筋viabilityの評価、心筋症の診断、病態評価、予後評価に応用されています。

心筋炎についても、診断、炎症などの病勢や予後の評価に有用と言われています。

ワクチン・アマルガムに含まれる水銀で、うつ病、肩こり、虫歯、子宮筋腫etc...

ワクチンや歯の詰め物(アマルガム)に含まれている水銀により様々な症状や病気が引き起こされます。

うつ病や片頭痛、肩こり、不整脈、アトピー、花粉症、リウマチ、甲状腺機能低下症、子宮筋腫、月経異常、虫歯、歯周炎、口内炎など、ワクチンやアマルガムと関係のなさそうなものが沢山あります。

風邪は走って治す。

コロナ茶番が未だに続き、コロナワクチンの5回目接種が始まりました。

また、マスク着用や消毒、黙食など無意味な感染対策が続けられています。

【仮説】マラリアは感染症ではなく水銀中毒

マラリアと水銀曝露の間には正の相関があります。

マラリアは蚊に刺されることで感染すると言われていますが、アフリカ在住の方の証言によると、いくらかに刺されてもマラリアにならない。

そこで、マラリアは感染症ではなく水銀中毒ではないかと疑ってみました。

ワクチンの防腐剤「チメロサール」と心筋炎

コロナワクチンの副作用に関して、若年者に心筋炎の発症が多いと言われています。 Your browser does not support the video tag. そして、ワクチンの防腐剤のチメロサールは、WHOの基準値以下でも小児における神経障害および心臓障害の発症と関連するという強い証拠があると、論文に記載