コロナワクチン

ワクチン接種後の高体温と覚醒剤

ワクチン接種後の高体温と覚醒剤

広島大学の研究にて、コロナワクチン接種後に死亡した4人を調べたところ、死亡時の推定体温が非常に高かったそうです。

死亡時の推定体温は39~46度だったそうです。

【広島大学研究チーム】「2回目コロナワクチン接種後に死亡した4人の死亡時の体温が39度〜46度あった」と発表 ワクチンによって免疫機能が暴走

コロナウイルスのNタンパクとSタンパク

コロナウイルスのNタンパクとSタンパク

前回記事で少し触れましたが、コロナウイルスのスパイクタンパク質(Sタンパク)とNタンパク質(Nタンパク)について。 SタンパクとNタンパクについては、以下のようにいわれています。 ※ Nタンパク(ヌクレオシドタンパク):コロナウイルスの遺伝子を包
血栓症の原因

血栓症の原因

コロナワクチンの副作用で、血栓症や心筋炎が起こります。

ワクチンに含まれる脂質ナノ粒子は強い炎症を引き起こし、血管にも炎症を起こすことが知られています。

同じくワクチンに含まれる水銀やカドミウム、鉛などの重金属には血管毒性があり、水銀は血栓症を起こします。

コロナワクチン(mRNAワクチン)に、mRNAが含まれていない可能性大。

コロナワクチン(mRNAワクチン)に、mRNAが含まれていない可能性大。

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン、ウイルスベクターワクチンといわれるコロナワクチンについて。

厚生労働省のホームページには、「mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAをもとに、細胞内でスパイクタンパク質が産生され、そのスパイクタンパク質に対する中和抗体産生や細胞性免疫応答が誘導されることで、新型コロナウイルスによる感染症の予防ができると考えられています。」と記載されています。

しかし、コロナウイルスは存在していないので、スパイクタンパク質とは何か、mRNAがどのような働きをするのか分かりません。

大動脈解離による心タンポナーデ ― CT ―

大動脈解離による心タンポナーデ ― CT ―

大動脈解離とは、心臓から出る大血管の壁に亀裂ができて血管壁の中に血流が入り込み、血液の通り道が別にできたり血液の溜まる場所ができる病気です。

突然の激痛で発症し、胸や背中に痛みを感じることが多く、痛みが移動することもあります。

心筋炎のMRI

心筋炎のMRI

コロナワクチンで心筋炎が増えているということで、久しぶりに画像診断の記事を書きたいと思います。

心臓MRIでは、左心室や右心室の形態、機能評価、血流評価、心筋組織性状の評価を行うことができ、虚血性心疾患の虚血の判定や心筋viabilityの評価、心筋症の診断、病態評価、予後評価に応用されています。

心筋炎についても、診断、炎症などの病勢や予後の評価に有用と言われています。