medical

ワクチン接種が痛風発作の引き金に。

ワクチン接種が痛風発作の引き金に。

痛風は、主に足の親指に激痛が走る病気で、血液中の尿酸値が上昇したり急降下することで、痛風発作が起きると言われています。

また、飲酒や肉、魚などのプリン体が多い食べ物が高尿酸血症を引き起こし、痛風発作を引き起こす原因になるとも言われています。

しかし、高尿酸血症でも発作を起こさないケースは少なくないですし、プリン体の約80%は体内で生成されていますので、実際には食事による影響は殆どないようです。

痛風発作の原因は、これまでよく分かっていませんでした。

ワクチン接種後の高体温と覚醒剤

ワクチン接種後の高体温と覚醒剤

広島大学の研究にて、コロナワクチン接種後に死亡した4人を調べたところ、死亡時の推定体温が非常に高かったそうです。

死亡時の推定体温は39~46度だったそうです。

【広島大学研究チーム】「2回目コロナワクチン接種後に死亡した4人の死亡時の体温が39度〜46度あった」と発表 ワクチンによって免疫機能が暴走

コロナウイルスのNタンパクとSタンパク

コロナウイルスのNタンパクとSタンパク

前回記事で少し触れましたが、コロナウイルスのスパイクタンパク質(Sタンパク)とNタンパク質(Nタンパク)について。 SタンパクとNタンパクについては、以下のようにいわれています。 ※ Nタンパク(ヌクレオシドタンパク):コロナウイルスの遺伝子を包
血栓症の原因

血栓症の原因

コロナワクチンの副作用で、血栓症や心筋炎が起こります。

ワクチンに含まれる脂質ナノ粒子は強い炎症を引き起こし、血管にも炎症を起こすことが知られています。

同じくワクチンに含まれる水銀やカドミウム、鉛などの重金属には血管毒性があり、水銀は血栓症を起こします。

コロナワクチン(mRNAワクチン)に、mRNAが含まれていない可能性大。

コロナワクチン(mRNAワクチン)に、mRNAが含まれていない可能性大。

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン、ウイルスベクターワクチンといわれるコロナワクチンについて。

厚生労働省のホームページには、「mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、このmRNAをもとに、細胞内でスパイクタンパク質が産生され、そのスパイクタンパク質に対する中和抗体産生や細胞性免疫応答が誘導されることで、新型コロナウイルスによる感染症の予防ができると考えられています。」と記載されています。

しかし、コロナウイルスは存在していないので、スパイクタンパク質とは何か、mRNAがどのような働きをするのか分かりません。